トップページへ戻ります! クスノキ四季彩へ 真祐美からひとこと 奧田真祐美リサイタルの軌跡 ステージ・ライヴの予定 奥田真祐美シャンソン教室・講座 CD・書籍のご案内 個人情報保護法について

奥田真祐美プロフィール

大阪市阿倍野区生まれ。小学校卒業後12歳で単身上京。自由学園入学。8年間寄宿舎生活をおくる。在学中の19歳の時シャンソン歌手を志し堀内環氏に師事。卒業後、雑誌社「婦人之友」の編集記者を経てシャンソンの世界へ。帰阪後、菅美沙緒氏に師事

●1971年東京・銀座「銀巴里」初出演。

●1984年から本格的にコンサート活動を始める。

●1985年オープンしたばかりの近鉄小劇場で「奧田真祐美リサイタル」を開催。
●1988年2月大阪サンケイホールにおける「美輪明宏リサイタル」に関西を代表しゲスト出演。

●1988年から会場をサンケイホールに移し、毎年「奧田真祐美リサイタル」を行う。同時に東京公演も開催。会場は博品館劇場・東邦生命ホール・南青山マンダラなど。2000年のリサイタルからジャン・フェラの作品に取り組み本邦初演の歌を毎回発表する。中でも『夜と霧』『詩人たち』(訳詞は永田文夫氏に依頼)に注目を受ける。

●1988年から20年間『魅惑のシャンソン』(主催:大阪市/大阪市勤労福祉文化協会)大阪・森ノ宮ピロティホールに主演。企画、プロデュースにも関わる。

●1988年愛知県豊明市の石田学園星城高校で「卒業記念奧田真祐美シャンソン鑑賞会」を
25年間開催。

●1991年『もう一度愛を』(作詞:奧田真祐美/作曲:さとう宗幸)東芝EMIからCDデビュウ。全国の有線放送に入る。

●つづいて『愛のバラード』『クスノキのうた』『理由もなく』『雨』(作詞:奧田真祐美/作曲:さとう宗幸)のオリジナル曲を発表。

●近鉄文化サロン阿倍野、近鉄文化サロン上本町、NHK文化センターのシャンソン教室講師。
リサイタル活動、CD制作、執筆の3本柱を軸とし、各地でのソロコンサート、諸々のジョイントコンサートやディナーショー、イベントに多数出演。

●1989年(平成元年)奧田真祐美後援会発足。
 初代会長・左藤定子様 
 2代目会長・高田宏様 
 3代目会長・金児暁嗣様
 4代目今西幸男様(京都大学名誉教授)現会長 

【奧田真祐美リサイタル】     このページトップへ
  『大阪公演』
     1984年 大阪第1ホテル
     1985年〜1987年  近鉄小劇場
     1988年〜2004年  サンケイホール
     2005年      梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
     2006年〜2008年       大阪市中央公会堂 
     2009年〜2016年       サンケイホールブリーゼ 
  『東京公演』
     1989年〜1992年  銀座・博品館劇場
     1993年〜2002年 渋谷・東邦生命ホール
     2003年〜2016年  南青山マンダラ
【魅惑のシャンソン】主催:大阪市勤労福祉文化協会/大阪市
     1988年〜2007年  森ノ宮・ピロティホール
      さとう宗幸、桑名正博、グラシェラ・スサーナ等と共演
【CD・出版活動】
  CDシングル:
     『もう一度愛を』〈東芝EMI)
     『芭蕉布』〈東芝EMI〉
     『クスノキのうた』〈ビクター〉
     『千の風になって』〈キング〉
     『雨』
  CDアルバム:
     『愛のバラード』
     『愛をうたう時』〈ビクター〉
     『小さなひなげしのように』〈ビクター〉
     『理由もなく』〈ビクター〉
     『愛、ただそれだけ』〈ビクター〉
     『奧田真祐美ジャン・フェラを歌う』
     『愛をみつめて』
 
  著書:
     『愛ひとり旅〜シャンソンとともに〜』〈ヒューマガジン〉
     『猫とシャンソン』〈繭書林〉
     『奧田真祐美のシャンソン手帳』〈繭書林〉
     『私のひとりごと』〈繭書林〉
  他:
     季刊誌『インフォルモ』にエッセイと伝統工芸作家(人間国宝ほか)の
     インタビュウと原稿執筆。 

このページトップへ